粉骨加工サービス「粉雪」

骨壷に入っている火葬済みのご遺骨をパウダー状(粉骨)に加工するサービスです。


ご遺骨をパウダー状(粉骨)に加工することで、ご遺骨の体積を1/4程度に小さくすることが出来ます。

・手元供養を考えている
・散骨を考えている
・お墓の納骨室が手狭になってきた
・ご先祖様のご遺骨を納骨室内に撒いて土に還したい

このような方にお勧めします!


【現状の骨壷のサイズ】
…招駄6cm→2寸壷
直径約9cm→3寸壷
D招駄12cm→4寸壷
つ招駄15cm→5寸壷
ツ招駄18cm→6寸壷
δ招駄21cm→7寸壷


お墓への埋葬歴が無いご遺骨の場合には「ご遺骨の洗浄作業」の必要はありませんが、お墓への埋葬歴が有るご遺骨の場合には「ご遺骨洗浄作業」が必須となります。


【作業内容】
1.異物除去
ご遺骨に混入している棺の金具(釘・タッカー針など)、歯の治療金属(金歯・銀歯・インプラントなど)医療金属(ボルト・ペースメーカーなど)、その他金属類や副葬品などご遺骨以外のものを確認・除去します

2.乾燥
専用乾燥機にて約60℃の温風で1〜2時間乾燥します

3.粉骨加工
専用粉骨機を使用して、最大でも2mm未満となるようご遺骨を粉骨加工します
ご遺骨の状況によっては乳鉢を用いて手作業で加工します

4.ふるい作業
粉骨全てが2mm未満になっているかどうかふるいにかけて確認します
ふるいに残ってしまったご遺骨は再度専用粉骨機または乳鉢を用いて加工し直します
すべてのご遺骨が完全にふるいを通るまで繰り返します

5.紫外線殺菌
 紫外線殺菌装置でパウダー状になったご遺骨を殺菌消毒します

6.収骨
 あらかじめお伺いした方法(骨壷・平袋・立体袋)で粉骨を収骨して完了です


【粉骨作業後の収骨方法】
々壷→ご遺骨の量に応じて最適なサイズの骨壷(白磁)に収骨します
 ※お墓や納骨堂などにご納骨をご予定の方におすすめ!


¬閉袋(平袋)→ご遺骨の量に応じて最適なサイズのマチの無い密閉袋に収骨します
 ※収骨後の袋は自立しません
 ※散骨をご予定の方におすすめ!


L閉袋(立体袋)→ご遺骨の量に応じて最適な最適なマチのある密閉袋に収骨します
 ※収骨後の袋は自立します
 ※手元供養をご予定の方におすすめ!


粉骨作業後の収骨方法に関して、郵送でご依頼いただく場合には「ご遺骨郵送セット」に「粉骨加工サービス申込書」が同梱されていますので、そちらにご希望の収骨方法をご記載ください。
お立ち合いでご依頼いただく場合には直接口頭でお伺いいたします。


原則、ご遺骨は郵送でお送りください。
郵送に関しては当店のご遺骨郵送セット無料でお送りいたします。

「ご遺骨郵送セット」および、ご遺骨の郵送方法に関してはこちらの動画をご覧ください


お立ち合いをご希望の場合には可能な限り柔軟にご対応いたしますが、日程に関しては事前にご相談のうえ完全予約制とさせていただきます。
予約状況によっては数カ月お待ちいただくこともございますので、予めご了承ください。


お施主様だけでなく故人様にも思いを巡らせ、合格点をいただけるよう丁寧な作業を心掛けています。
粉骨の作業内容に関して、詳しくは株式会社中島石材のホームページをご覧ください。


 

骨壷のサイズ
ご遺骨の洗浄作業
販売価格 29,700円(税2,700円)

手元供養ショップ 木洩れ日