作り手の技

当店の木製品は、主に天然の無垢材を使用し、すべて職人が手作業で丁寧に作っています。

弊社で使用している天然木は、規格化された合板と違い、木目の幅や色艶も木材の持つ個性で、一つとして同じものはありません。

職人が手作りする製品も、同じ供養木箱でもそれぞれ木目の違いが出て、故人を偲ぶのにふさわしい唯一無二の魅力を物語ります。

弊社工房長の平山が、長年の家具製造で培った技と知識を駆使して、心を込めて一点一点製作いたします。供養木箱に用いられる黒檀の「千切り」は、接合箇所の補強のために打ち込む家具職人ならではの技であり、デザイン上の美しいポイントにもなっています。弊社代表の中島も、工房長の教えを請いながら自ら木に触れて製作に携わり、ご遺族に寄り添える品をお届けするため日々精進しています。

手元供養ショップ 木洩れ日